美味しいビール飲もうね!

ビール1杯に1000円も払えない生活してるの?

こんにちは。beergeek.jpです。

今回は永遠のテーマである「クラフトビールが1000円を越えるという事実について」です。

ビールを飲みに行こう!

思い立っていざビアバーに行くと当たり前に1000円を超えてくるので注文を躊躇ってしまったなんてことありませんか?

1000円を越える価格帯について何も思わない人、何も思わなくなってしまった人はきっと色んなビールを飲んで修行をしてこられた方なのでしょう。

いやいや…

普通に考えて1000円は高いっす!

ビールって多くの場合は1杯だけ飲んでハイ終わりなものではないですよね。次は何を飲もうか?いっぱい飲んで酔ってわーいみたいな。

牛丼300円時代に「食」ではなく「飲」に4ケタというのは高級品の類であると言えます。

ビールって高級品だっけ?

大衆的なものでは?

色んな意見があると思います。

美味しいものに価値があるのは当然のことではあるし、減価率の内情などをしれば1000円が決して高いものではないと気づくと思うのですが、単に金額だけで見ると1杯で1000円が飛んでいくのは高いと感じざるを得ません。

ではなぜ1000円を平然と払っていて高いと思わないのだろうか。

あくまで個人的な意見ではあるのですが、

クラフトビールシーンに飲み手として貢献していると自負しているから。

なんだと思います。偉そうに…笑

beergeek.jpが思う「クラフトビール」とはアートであり、インディーというマイノリティの中で生み出されている高貴なものであると認識しているのでただ飲めればいいだけというものではありません。

製品という問いかけに我ら飲み手は時として応え、飲み手が感じる様々な問いにブルワーの方も応えてくれています。互いのリスペクトが成り立っているシーンであると個人的には思っています。

これが大手企業のビールとなればどうでしょうか?

ビールはとりあえずどの店にもあって、とりあえず飲むもの。

という認識があるのも実実ではないでしょうか。

何気なさすぎる存在ゆえに多くの人はそのビールが果たして本当に鮮度が良いのか、ブルワーの方は本当にこの味を造ろうとしたのか。

そういった類のことを考えながら飲む人は多分珍しいです。

ビッグプロダクトはそれでいいと思います。

いつでも気軽に「とりあえずのビール」が飲みたい人のための平均的なビール造り(まずいというわけではなく)をしているはずなので。

しかしクラフトビール醸造家の方々の頭の中は想像するに、会社のため世の中のためというより

自分のためにビールを造っている人が多いような気がする

自分自身のためであったり、狭い範囲ではあるけど自分の身の回りの人たち(本当にそのビールを求めてくれる人)のためにビールを造っているというような気概を感じます。

互いのリスペクトが成立すると前述しましたが、ブルワーさんたちも飲み手である我々の意見を聞きたい時って多分あると思うんです。

ミュージシャンが自らの意識やクオリティを上げるために、音楽のヘビーリスナーの方に意見を乞いたい時もあるように。

ただ売れるように戦略を立てればいいものではありません。良いものを造ろうという意思があるからこそ「アート」なんだと思います。

飲み手からブルワーの方へ飲んだ感想であったり諸々の指摘などが届く位コンパクトなシーンだからこそ、そこに味だけでない「信頼関係」のようなものがあると思うんですよね。クラフトビールって。

金額の話に戻りますが、改めて1杯に1000円は高いとは思います。が、

好きなブルワリーに頑張ってもらいたい、貢献したいという醸造家への、または未来のビールシーンへの投資的な観点から見れば

1000円なんてむしろ安い!

という考え方もできるのではないかと思います。

原料の高騰や、よりエクストリームなビールが求められている現状ですからそもそもの減価率を考えると1000円でも安いのかもしれません。

居酒屋で300円位で提供されているビールとは醸造規模や造っているスタイルがそもそも違いますからね。

それでも高いと感じるならば酒税を下げるために国と戦う必要があります。

飲み手としては好きなビールを今後も飲み続けたい。

当たり前にそこにあるものがいつなくなってもおかしくない世の中です。

騙されたと思って何千円か握りしめてビアバーやブルーパブに足を運んでみてください。

何を頼めばいいか分からなくてもお店の人が教えてくれます。

専門的な分野だからこそ何も知らないでビアバーの店員やってるような人ってあまりいないので(笑)

で、タイトルにあったように「ビールに1000円も払えないような生活してるの?」というのは、1000円も払えないような仕事しかしてないの?というような意味ではなくて、

1000円(適正額)を払うことでビールシーンや味の向上が期待できるという事実を知るとビールはもっと楽しく美味しいものを見つけられるようになるよ!

ということです。

最後にもう一度声を大にして言います。

美味しいビールには1000円以上の価値が間違いなくあります!

是非美味しいビールに出会ってくださいね!

乾杯!