BEER×BANDイベントその② ~音楽とビールの化学反応~

こんにちは。beergeek.jpです。

前の記事で書いたように音楽とビールはその嗜好性から類似する点が数多くあります。

しかし類似する点が多いからといって音楽とビールが密接な関係であるかどうかは疑問です。

ふらっとバーに立ち寄れば音楽が流れています。有線であったり店員私物のプレイヤーから流れている音楽だと思うのですが、そんな事を言ってしまえば床屋にだってデパートにだって音楽は流れています。

街をあるけば音楽なんてどこにでも流れているものです。

では、音楽を聞きに行く場所にビールはあるでしょうか?

ライブハウス、イベントホール、レコード屋など。

実際に行ったことがある人ならばお分かりだと思いますが、そこにあるビールのほとんどが安価で販売してもお店に不利益のでない大手ビールがメインです。

そもそもライブハウスに行ってビールを飲みに来たなんていう人はほとんどいないと思いますが…。

このような現状に改善の声があがらないことには実にわかりやすい理由があります。

音楽業界にクラフトビールの味を知る人がほとんどいないから。……価格的な問題はいったん無視で…。

今の日本で流行っているとされているクラフトビールには音楽業界の人間からみて音楽と同等にすごいぜ!カッコイイぜ!と思える要素がないのだと思います。

となればこだわりのビール販売はおろかそういったビールの導入すら考える人間がいないわけです。

音楽に詳しい人が同時にビールにもくわしいなんてことは非常に稀。

ここでまたアメリカの話になりますが、思い返してみるとアメリカにおいても音楽業界の人間で、(大手以外の)ビールがすごく好きだという人間は少ないです。

しかし、アメリカのビール業界にはたくさんの音楽好きがいます。

そんなの日本にだっていますよ!!

…もちろん。

ですが音楽が好きという一般的な「好き」という感覚ではなくて、メタルクラフトビアバーを開業してしまう連中や、バンド活動をしながらビールを造っている連中クラスの音楽好きのことです。

ビールと同等に音楽を愛し、それを軸に生活している彼らの周りには必然的に音楽とビールが常に混在するので、どちらのファンにも受け入れられる要素があります。

あるお店のメニューの名前はオーナーが好きなバンドの名前がつけてあったり、あるブリュワリーのビールの名前が好きなミュージシャンの歌詞を引用したり。

彼らのような熱狂的に音楽好きをアピールしているビール関係者がいるおかげで、その方向性に賛同したビールファンでない人間がふらっとビアバーに立ち寄ってみたり、数少ないクラフトビール好きなミュージシャンがプライベートでコラボレーションビールを造りにきたりと。

そういう状況が頻繁に起こっています。

双方のファンにアプローチできるなんて万人向けの広告なんかよりもっと効果的な宣伝方法だと思いますね。

こういうアメリカンスタイルな…いや、もはやそうではなくて日本において音楽業界とビール業界を繋ぎ、双方のファンに本物のクラフト魂のようなものを認知してもらえるようなイベントはなかろうかと考えているわけです。

しかし…ここは日本…。

ビジネスとして最低限でも黒字イベントを開催しないと生活が危ぶまれます。

となればビッグなバンドや有名で安いビールで集客を狙うという手法が一般的なのかもしれません。

が、弱小サイトbeergeek.jpだからこそのこだわりがあります。

闇雲に有名どころを呼んで意図がぶれてはしかたないのです。

最低限の条件として出演アーティストのメンバーのひとりでもクラフトビールを日常的に意識している人がいること。

利益第一でなく、音楽とビールのイベントという方向性に賛同してビールを提供してくれるビール会社。もちろん味は格別の。

こういうメンツでないと意味がないのです。

バンドが好きで集まってくれた人にクラフトビールを知ってもらえる良さはもちろん、ビール目当てできた人にもせめて音楽性は理解してもらえなくてもビールが好きなメンバーがいるんだね?という大前提の事実があれば少しは楽しめると思うんです。

こういう頑固さを出してしまうと必然的に数千人規模の大きなイベントはできません。

小さいライブハウスの開催になってしまうのか…でもそうなればアンダーグラウンド過ぎて客がこないのでは…。そもそも店の売り上げとなるビールを奪う事になってしまわないか…。

悩みに悩みます。

もういちどお知らせしますが、前回の記事で書いたようにこれは何の進展もないただの戯言です。今の時点では。

しかし徐々にではありますが、クラフトビールを支持してくれるミュージシャンの繋がりもできてきたのでここらで何かやってみたい気がするんです。

色んな情報を下さい。

樽を持ち込んでもオッケーなライブハウス情報や、ビールに力をいれまくりたいイベンター、もちろんビールが好きだと言うミュージシャンは随時連絡下さい。

とりあえずお友達になりましょう(笑)ひとりの力で良ければいつでも集客要因としてライブにお伺いしますよ!

ここまで書いておいてなんですけど…

個人的に思い描いているフェスというのは日本での開催はほぼ不可能なので…地道に小さいところからがんばってみますか。

まずは美味しいビールを見定めましょう。

そして広めましょう。

Leave a reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>